骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 指を強く
    ぶつけてしまった

  • 転倒して
    手をついた際
    手首が大きく
    変形してしまった

  • スポーツで
    ケガをした際の
    処置方法を知りたい

  • 骨折の腫れを
    早く引かせたい

骨折をできるだけ早く治癒させるためには?

骨折が疑われる場合、適切な処置がどれだけ早くできるかによって、その後の治癒経過も変わってきます。
スポーツ現場はもちろん、日常生活でも骨折は起こる可能性はありますので、
対処法を知っておくことは大切です。

 

こちらのページでは骨折の原因や症状、対処法について詳しくまとめてあります。
ぜひ、最後までご覧になってみてください。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の種類や特徴的な症状について

骨折は漢字の通り「骨が折れた状態」をいいます。
骨折を放置することで痛みが長引きやすくなることもありますし、機能障害が残ってしまう可能も考えられます。

骨折への適切なケアをしていくためにも、まずこちらでは「骨折の種類や原因、特徴的な症状」について詳しくみていきましょう。

 

【骨折の程度による分類】

 

骨折は程度によって「完全骨折」「不全骨折」に分けられます。

 

◆完全骨折:骨が完全に折れたものになります。

◆不全骨折:ヒビや一部が欠けたもの、陥没したものなどをいいます。

 

【骨折の種類】

 

◆外傷性骨折

一般的な骨折で、強い力が身体に加わることで発生したものになります。
転倒転落衝突事故など

 

◆疲労骨折

身体の一部に、小さな外力が繰り返して加わることで骨折したものになります。
※長距離走、ジャンプ動作の繰り返しによる足の疲労骨折、咳による肋骨の疲労骨折
など

 

◆病的骨折

骨の強度が低下することで、通常では骨折を起こさないような非常に弱い外力によって骨折してしまったものになります。
骨粗鬆症骨肉腫がんの骨転移など

 

【骨折の局所症状】

 

◆一般外傷症状

疼痛:痛み
腫脹:内出血による腫れ
機能障害:運動の制限

 

◆骨折の固有症状

異常可動性:骨が完全に離断している場合、関節以外の場所で骨が大きく動いてしまうことがあります。
軋轢音:骨折端が衝突することで、「ゴリゴリ」「コツコツ」とした、軋轢音を触知することがあります。
転位と変形:骨が筋肉によって引っ張られたり、大きく離れたり「転位」することで、見た目にも変形が見られることがあります。

 

◆骨折の特徴的な疼痛のあらわれ方

これだけで骨折と断定できませんが、他の外傷と見分ける際の判断基準になります。

限局性圧痛:骨折部分に限局した圧痛がみられることがあります。
介達痛:患部より離れた箇所から刺激を加えることで、骨折部分に痛みが出ることがあります(叩打痛、軸圧痛、振動痛など)

 

【骨折の全身症状】

 

骨折の程度によって次のような全身症状がみられることがあります。

 

◆ショック症状

激しい疼痛、大量の出血によって全身にショック症状がみられることがあります。
※顔面蒼白、全身の冷や汗、手足が冷たくなる、虚脱、脈拍が触れなくなる、など。

 

◆発熱

骨折後に37〜38℃の発熱症状がみられることがあります。

 

【骨折の併発症】

 

骨折を起こす強い外力、骨片や骨折端によって周辺の組織を傷つけることがあります。
※軟部組織(筋肉、血管)、血管、末梢神経など

また、関節損傷を起こすと骨折の治癒後も関節の動きに制限が残る場合もあります。

骨折が疑われる場合の対処法について

スポーツや日常生活において骨折が疑われる場合、早急な対処が大切です。
こちらでは、急性の外傷に使える「RICE処置」「日常生活で行える骨折の対策」についてご紹介していきます。
「骨折の治癒経過」についてもご紹介していますので、ぜひご確認ください。

 

【RICE処置】

 

●Rest(安静)

急性の外傷は安静にすることで、治癒力の向上が期待できます。

 

●Icing(冷却)

冷却することで血管が収縮し、内出血を抑える効果を期待できます。
袋に入った氷水を患部にあてることで冷やします。(冷やしすぎないようにご注意ください)

 

●Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部をバンテージや包帯で圧迫します。

 

●Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に挙上することで、内出血を抑えます

RICE処置はあくまでも応急処置になります。
なるべく早急に接骨院・整骨院、医療機関に行って、より専門的な施術を受けるようにしましょう。

 

【日常生活で行える骨折の対策】

 

特に女性は、ホルモンの影響で中高年になると骨が弱くなりやすいといわれています。
食事の栄養バランスを整え、規則正しい生活を送ることで、なるべく骨の強度が落ちないような生活習慣を送ることが大切です。

また、スポーツをされている方は疲労骨折の予防のために、オーバーユースにならないように負荷を調整するようにしましょう。

 

【骨折の治癒経過】

 

●炎症期

免疫力を高めるために血流量が増加することで、炎症症状が強く出てくる時期になります。

 

 

●仮骨形成期

仮骨が形成されることで、骨の修復が始まる時期になります。

 

●仮骨硬化期

仮骨の強度が増してくる時期になります。

 

●リモデリング期

破骨細胞と骨芽細胞の作用で、本来の骨に再造形される時期になります。

亀戸駅前中央接骨院の【骨折】アプローチ方法

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼といった外傷性が明らかなケガや繰り返しの動作によるケガに対して保険が使用できます。
保険が使用できるか出来ないかは症状をみて判断しますので、お気軽にご相談ください。

■特殊固定具

・プライトン

キャスト材を用いて患部を固定する物で包帯よりも固定力に優れているので骨折や捻挫の治療に用います。

・アルフェンス

アルミ製の長方形の板を骨折した患部に当てて骨折した場所の動揺を抑えて固定する為に使います

・厚紙副子

患部に合わせて形をカットする事が出来るので固定力に優れています。
主に骨折の固定に使います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀戸駅前中央接骨院
住所〒136-0071 東京都江東区亀戸6-57-16
最寄:亀戸駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀戸駅前中央接骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央接骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中