スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 運動中に肉離れを起こして
    しまった

  • 捻挫がクセになっているので何とかしたい

  • スポーツ障害の予防法が
    知りたい

  • 運動中のケガに対する応急処置を知りたい

スポーツによるケガはクセにならないようにしましょう

スポーツをしているとケガはつきものですが、

しっかりとケアしておかないと再発のリスクが高くなり、

その他の場所に悪影響を及ぼすこともあります。

 

スポーツ中にケガをしたら応急処置をし、医療機関へ行きましょう。

また、普段から予防することも重要です。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツによるケガは2パターンあります

スポーツに伴うケガは、スポーツ障害スポーツ外傷の2パターンがあります。

スポーツ外傷もスポーツ障害も、運動選手だけでなく一般の学生や主婦、中高年の方にも起こり得ます。

例えば、捻挫は運動中だけでなく、歩行中にも起こることもあります。

では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
また、どのような違いがあるのかご紹介します。

 

【スポーツ外傷について】

 

運動中の衝突や転倒などによる外傷がスポーツ外傷と言われています。

◆代表的なスポーツ外傷

代表的なものとして、次のようなケガが挙げられます。

・骨折、脱臼
・足関節捻挫
・突き指
・打撲
・肉離れ

 

◆スポーツ外傷にはRICE処置

スポーツ外傷を起こした場合、応急処置としてRICE処置が行われます。
RICE処置に関しては後ほど詳しくご紹介します。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害とは、運動時に同じような動作を繰り返すことで、特定の場所にばかり負担がかかることで発症する障害のことです。

◆代表的なスポーツ障害

代表的なものとして、次のようなケガが挙げられます。

・テニス肘
・野球肘
・野球肩
・ジャンパー膝
・ランナー膝

 

◆スポーツ障害の原因

●オーバーユース
スポーツ障害の最大の原因が、オーバーユース(使いすぎ)による疲労の蓄積です。
繰り替えし同じ場所に負荷がかかることで発症します。

●ミスユース
運動時の誤ったフォームでスポーツ障害のリスクが高まります。

●ディスユース
ストレッチやセルフケアを怠ると、運動時の負荷に耐えられなくなります。

●柔軟不足
筋肉が硬いと負荷に耐えきれず断裂しやすくなります。

●筋緊張
運動時の疲労が回復していないと、筋緊張を残しケガをしやすくなります。

●身体のゆがみ
身体がゆがんでいると、特定の場所にかかる負荷が増大します。

スポーツによるケガは予防が可能です

スポーツ外傷やスポーツ障害を負った場合、施療することが重要ですが、もっと大事なことが予防することです。
そこでスポーツ外傷の応急処置と、スポーツ障害の予防法をご紹介します。

 

【RICE処置について】

スポーツ外傷を負った場合、一般的にはRICE処置を行うことになります。
RICEは英語の「Rest・Ice・Compression・Elevation」の頭文字をとったものです。

 

◆R:安静

ケガをしたときには安静にすることが1番です。

◆I:冷却

ケガした部分を冷やして痛みを抑えます。

◆C:圧迫

患部に弾性包帯を巻くなどして、痛みを緩和し炎症の拡大を防ぎます。

◆E:挙上

患部を心臓より高い位置に保ち、血流を妨げ炎症の拡大を防ぎます。

 

 

【スポーツ障害の予防法】

 

スポーツ障害を予防するためには、筋肉の柔軟性を保つことと、筋力をアップすることが重要です。

 

◆ストレッチ

運動をした後にしっかりとストレッチをすることで、筋緊張を緩和し、回復を早めることが期待できます。

 

 

◆筋トレ

スポーツ障害を予防するため、患部周辺の筋トレを行うことが重要です。
競技によって鍛え方を変えるよう工夫が必要です。

 

◆休息

ストレッチや筋トレと同じくらい重要なことは休息を取ることです。
適度に休息を取ることで効率的に筋肉が鍛えられますし、運動時のパフォーマンス向上が期待できます。

 

【テーピング】

 

スポーツ外傷が軽度の場合、ホワイトテープを巻いて競技を続行するケースもあります。
また、スポーツ障害による痛みを緩和するため、キネシオテープを利用することもあります。

 

亀戸駅前中央整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院ではまずカウンセリング時に症状の原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

「骨格矯正」によって、まず最初に痛みの軽減を目指します。

その後は痛みが取れた部分の管理を徹底し、症状の再発防止に努めます。

 

スポーツでのケガは多岐に渡るものです。そのため、

「テーピング」「フォームのアドバイス」「ケガをしにくくするためのご提案」

なども行っております。

急性期の処置が1番大事であるため、ケガをしたら速やかに施術を受けましょう。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼といった外傷性が明らかなケガや繰り返しの動作によるケガに対して保険が使用できます。
保険が使用できるか出来ないかは症状をみて判断しますので、お気軽にご相談ください。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

皮膚に貼る血流を促進するための丸いテープ状のもので、鍼がついているものもあります。
このテープを貼っている間は、入浴や活動、スポーツをしても問題がなく持続性があることが特徴です。肩こりや腰痛の改善に効果が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類がありますが、損傷した筋肉や関節をサポートするものです。
サポートすることにより血流やリンパ液の流れを促進することが期待され、ケガの早期回復を目指します。

 

■骨格矯正

痛みの原因になっている身体のゆがみを整えることや損傷部位の負担を取り除くことを目指し、回復を促します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭・肩・首・目の周りの筋肉をほぐして緊張を緩めていきます。
頭痛、眼精疲労、頭蓋骨炎などの症状の緩和が期待できます。

 

【DPL】

クリームを使用し、足先から股関節までのリンパ液・血液循環の流れを促進することで老廃物の流れを促します。
疲労や手足のむくみ、冷えなどの症状緩和に期待できます。

 

■鍼灸

鍼をツボに刺して刺激を与えることにより、血流循環の流れを促進し、代謝が上がることで筋肉が緩み緊張をほぐす効果が期待できます。
もぐさを使用しツボに熱刺激を与え血流改善して筋肉の緊張を和らげ、慢性的な症状を改善を目指します。リラックス効果も期待できます。

 

■温熱療法

もぐさでできた線香を冷温器と言う缶に入れ、ツボにアプローチして温熱刺激を与えます。
リラックス効果・筋肉の主管、冷え性の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中