ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 動けなくなる
    ほどの腰痛に
    襲われた

  • 腰が
    動かしづらい

  • 毎年同じような
    時期にぎっくり腰になる

  • 腰に
    違和感がある

ぎっくり腰は日常的に予防しましょう

西洋では「魔女の一撃」とも言われるぎっくり腰。

 

発症すると猛烈な痛みに襲われ、動けなくなることも珍しくありません。

また、ぎっくり腰には何度も繰り返す、といった特徴もあります。

 

ですが、ぎっくり腰は日常生活の中で予防することが期待できるのです。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

急に腰が痛くなるぎっくり腰の原因

腰痛の中でも特に痛みが強いぎっくり腰ですが、そもそもなぜぎっくり腰になってしまうのでしょうか。
また、ぎっくり腰にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

【ぎっくり腰について】

 

ぎっくり腰と言うのは俗称で、医学的には「急性腰痛症」と呼んでいます。

 

【ぎっくり腰の特徴】

 

発症直後は歩くことが難しくなることや、朝起きたときの痛みが強いこともぎっくり腰の特徴です。

急にくる腰痛であり、発症直後は歩くことがとてもつらくなりますし、朝起きたときの痛みが強いこともぎっくり腰の特徴です。

 

【ぎっくり腰の原因】

 

ぎっくり腰の原因については、はっきりしたことがよく分かっていません。
ただ、次のような条件が重なると、ぎっくり腰を発症するリスクが高くなります。

 

◆筋肉が硬くなっている

筋肉は繊維の束でできていますが、筋肉が硬くなると負荷がかかることで断裂しやすくなります。
腰の筋肉はとても大きくて強いため、断裂したときの衝撃も大きくなってしまいます。

 

◆骨盤がゆがんでいる

骨盤がゆがんでいると、腰の特定の場所にばかり負荷がかかるため、筋繊維が断裂しやすくなります。

 

◆重心バランスが崩れている

前後左右の重心バランスが崩れていると、腰のある部分に負担が集中します。
それが限界を超えるとぎっくり腰を発症し、急激に痛むこととなるのです。

 

◆腰が冷えている

冷たいものを好んで飲むなどして腰回りが冷えていると、筋肉が硬くなってぎっくり腰を発症するリスクが高くなります。

筋肉を柔軟に保つことでぎっくり腰を予防しましょう

ぎっくり腰は、普段から筋肉を柔軟に保つことで予防することが期待できます。

まずは、筋肉が硬くならないよう、血行を促進することを心がけましょう。

 

【ぎっくり腰の予防法】

 

ぎっくり腰は急に起こるイメージがありますが、普段の筋緊張の「結果」として起こるものです。
そのため、普段から筋肉を柔軟に保ち、血行が悪くならないよう工夫しましょう。

 

◆ストレッチを行う

ぎっくり腰を予防するためには、普段からストレッチに取り組みましょう。
柔軟性の高い筋肉であれば、筋肉にかかる衝撃を自然に吸収できるでしょう。

 

◆お風呂で温める

筋肉を柔軟に保つもっとも簡単な方法が、お風呂で身体を温めることです。
身体が温まれば血行が良くなりますし、身体の回復力を高めることも期待できます。

 

◆適度に身体を動かす

普段から適度に身体を動かすことで、血行不良の予防も期待できます。
運動が苦手な方は、なるべく歩くように心がけましょう。

 

亀戸駅前中央整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

当院ではまずカウンセリング時に患者さんの症状を把握し、どこの関節から症状が起こっているのかを見極めるために検査を行います。

主に「骨格矯正」によって、痛みの改善を目指し、症状の再発を防ぐ身体づくりまでサポートしていきます。

痛みが関節の場合もあれば筋肉の場合もあるので、場所によって楽な姿勢が異なります。

また、ぎっくり腰は腰の肉離れ・捻挫と同じと言われています。
そのため、必要に合わせてテーピングでの固定を行う場合もあります。

 

 

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

皮膚に貼る血流を促進するための丸いテープ状のもので、鍼がついているものもあります。
このテープを貼っている間は、入浴や活動、スポーツをしても問題がなく持続性があることが特徴です。肩こりや腰痛の改善に効果が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類がありますが、損傷した筋肉や関節をサポートするものです。
サポートすることにより血流やリンパ液の流れを促進することが期待され、ケガの早期回復を目指します。

 

■骨格矯正

痛みの原因になっている身体のゆがみを整えることや損傷部位の負担を取り除くことを目指し、回復を促します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

 

■カッピング

透明のカップを皮膚につけて吸引し血流循環の促進を促します。
ストレッチ効果や代謝アップの効果が期待できます。

 

■鍼灸

鍼をツボに刺して刺激を与えることにより、血流循環の流れを促進し、代謝が上がることで筋肉が緩み緊張をほぐす効果が期待できます。
もぐさを使用しツボに熱刺激を与え血流改善して筋肉の緊張を和らげ、慢性的な症状を改善を目指します。リラックス効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中