捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 段差で足を踏み外して足首を
    捻ってしまった

  • 出産後しばらくすると手首が痛くなってきた

  • 捻挫がクセになっているのを何とかしたい

  • 捻挫の応急処置が分からない

捻挫や腱炎・腱鞘炎の再発に悩まされていませんか

捻挫や腱炎・腱鞘炎は必ずしも珍しいケガというわけではありませんが、

一度治ったと思っても、また再発する可能性があります。

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎がクセにならないように、原因を知った上でしっかりと改善しましょう。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

捻挫や腱炎・腱鞘炎の違いとそれぞれの原因

スポーツをしていて捻挫をしたり、デスクワークで腱炎・腱鞘炎を発症したりすることは珍しくありません。

では、なぜ捻挫や腱炎・腱鞘炎を発症するのでしょうか。

また、捻挫と腱炎・腱鞘炎では何が違うのか、それぞれの原因と症状についてご紹介します。

 

【捻挫について】

 

捻挫とはその名のとおり、関節を「捻じったり挫いたり」することで痛みを発するケガのことです。

関節であればどこでも捻挫を起こす可能性はありますが、一般的には足関節捻挫(そくかんせつねんざ)が多く知られています。

 

◆原因

捻挫の中で多いと言われている足関節捻挫を例にとると、段差を踏み外したり、スポーツをしていて相手の足に乗って挫いたり、ヒールを履いていて転倒したりといったことが原因として挙げられます。

 

◆症状

捻挫の代表的な症状が患部の圧痛や自発痛と炎症です。

軽度の捻挫の場合は圧痛も炎症もそれほどではありませんが、中等度の捻挫になると自発痛や圧痛、炎症が強く、歩くことはできても走ることが難しくなってしまうことがあります。

重度の捻挫になると内出血がみられ、自力で歩行することが困難となる場合があります。

 

【腱炎・腱鞘炎について】

 

腱炎・腱鞘炎とは、腱の通り道である腱鞘が炎症を起こして腫れるケガです。

 

◆原因

腱炎・腱鞘炎の原因としては、手指の使いすぎが挙げられています。
特に出産後に腱炎・腱鞘炎を起こすことが多く、初産腱炎・腱鞘炎などと言われることもあります。

 

◆症状

腱炎・腱鞘炎を発症すると、力を入れたときに患部に痛みが生じます。
また、起床時に痛みが強いことも特徴です。

 

【捻挫と腱炎・腱鞘炎の違い】

 

捻挫と腱炎・腱鞘炎はともに関節部に起こることが多いですが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

◆症状の現れ方の違い

捻挫がスポーツをしているときなど急に起こることに対し、腱炎・腱鞘炎を繰り返される外力の結果として発症します。

 

◆症状のみられる場所の違い

捻挫は足関節に多くみられることに対し、腱炎・腱鞘炎は手首や手の親指の付け根に多くみられます。

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎が疑われる場合の対処法

捻挫が疑われるときには、速やかに応急処置を行い、医療機関や接骨院・整骨院へ行くようにしましょう。

また、腱炎・腱鞘炎が疑われるときには、ストレッチを行うことも重要です。

 

【捻挫の応急処置】

 

捻挫をしてしまったときには、応急処置を施すことが重要です。
一般的にはRICE処置と言う応急処置が行われます。

 

◆RICE処置

RICE処置は、英語の「Rest(休養)」「Ice(冷却)」「Compression(圧迫)」「Elevation(挙上)」の頭文字をとったものです。

◆RICE処置のやり方

捻挫をした場合、氷水に足を浸けたりアイスパックを患部に当てたりして、アイシングを行います。
急性の炎症の場合、20分冷やすことを1時間おきに繰り返します。

その後、患部を弾性包帯などで圧迫し、仰向けになって足を高くして安静にします。

 

◆テーピング

捻挫をしていても試合に出なければならないような場合、接骨院・整骨院でテーピングをしてもらいましょう。

 

【腱炎・腱鞘炎が疑われる場合の対処法】

 

腱炎・腱鞘炎は筋疲労の結果として起こることが多く挙げられますので、日ごろからケアすることが重要です。

 

◆医療機関へ行く

腱炎・腱鞘炎が疑われる場合、まずは医療機関に行くことが重要です。

 

◆ストレッチを行う

腱炎・腱鞘炎の症状を改善するためには、前腕部の筋肉を緩めることが重要です。
ただし、ストレッチの際に痛みをともなう場合、いったん中止して様子をみましょう。

 

亀戸駅前中央整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

捻挫・腱炎・腱鞘炎に対して、次のようにアプローチしています。

まず、カウンセリング時に患者さんお一人お一人の症状を確認します。
損傷部位により施術方法が変わるので、的確な施術プランのご提案をしていきます。

施術は主に「テーピング」を使って、動かすときに負担になる関節をテーピングでフォローします。

また、「骨格矯正」を使って、固定した箇所の動きをかばって周りの筋肉が緊張しないように緩めていきます。

早期改善を目指せるように睡眠や食事含め生活へのアドバイスも行っていきます。

 

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼といった外傷性が明らかなケガや繰り返しの動作によるケガに対して保険が使用できます。
保険が使用できるか出来ないかは症状をみて判断しますので、お気軽にご相談ください。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

皮膚に貼る血流を促進するための丸いテープ状のもので、鍼がついているものもあります。
このテープを貼っている間は、入浴や活動、スポーツをしても問題がなく持続性があることが特徴です。肩こりや腰痛の改善に効果が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類がありますが、損傷した筋肉や関節をサポートするものです。
サポートすることにより血流やリンパ液の流れを促進することが期待され、ケガの早期回復を目指します。

 

■骨格矯正

痛みの原因になっている身体のゆがみを整えることや損傷部位の負担を取り除くことを目指し、回復を促します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

 

■鍼灸

鍼をツボに刺して刺激を与えることにより、血流循環の流れを促進し、代謝が上がることで筋肉が緩み緊張をほぐす効果が期待できます。
もぐさを使用しツボに熱刺激を与え血流改善して筋肉の緊張を和らげ、慢性的な症状を改善を目指します。リラックス効果も期待できます。

 

■温熱療法

もぐさでできた線香を冷温器と言う缶に入れ、ツボにアプローチして温熱刺激を与えます。
リラックス効果・筋肉の主管、冷え性の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀戸駅前中央整骨院
住所〒136-0071 東京都江東区亀戸6-57-16
最寄:亀戸駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中