肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 歩くことが
    困難なほどの
    筋肉痛がある

  • 走っていると
    太ももの裏を
    つりやすい

  • 太ももに激痛が走った

  • 肉離れを起こしたけど早く競技に復帰したい

繰り返し起こる肉離れに悩まされていませんか

スポーツをしていて肉離れを起こすことは少なくありません。

 

ですが、筆舌に尽くしがたい痛みを何度も味わうことは、できれば避けたいものです。

 

普段からストレッチを行うことで筋肉の柔軟性を保ち、

身体のバランスを整えて肉離れを予防しましょう。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れの原因や発症しやすい場所について

運動をしているときなど、急に激しい痛みに見舞われる肉離れですが、足がつるのとどう違うのでしょうか。
また、肉離れはどこに起こりやすいのかについてもご紹介します。

 

【肉離れについて】

 

肉離れは、一言で表すと筋繊維が断裂して起こる炎症性のケガです。

 

◆起きやすい部位

肉離れは筋肉の中でも、比較的大きくて筋力の強い場所に起こることが特徴です。
具体的には大腿四頭筋(だいたいしとうきん)、ハムストリングス下腿三頭筋(かたいさんとうきん)が挙げられます。

 

◆肉離れが起こる場面

肉離れはスポーツシーンで起こるケースが多く挙げられます。

 

◆肉離れの症状

肉離れを起こすと激しい痛みに襲われ、しばらくは自力での歩行も困難となります。

 

◆外見上の変化

肉離れを起こすと、患部が内出血して赤くみえることがあります。
また、断裂の程度によっては陥凹(へこむこと)もみられます。
陥凹がみられる場合、アキレス腱断裂などの場合もあるので、判別が重要となります。

 

【肉離れになる原因】

 

肉離れは筋肉が伸ばされながら収縮することで起こります。
では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

◆スポーツ時の急激なストレス

スポーツをしていて急激に筋肉へストレスがかかると、筋繊維が耐え切れずに断裂することがあります。

 

◆身体の硬さ

身体が硬いと、筋肉にかかる負荷が大きくなるため、肉離れ発症のリスクが高くなります。

 

◆身体の使い方

偏った身体の使い方をしていると、特定の場所に負荷がかかり、肉離れのリスクを高めます。

 

◆冷え

冷えていると筋肉が硬くなるため、肉離れを起こしやすくなります。
冬場に足がつって、それが肉離れに繋がることもあります。

 

 

肉離れの早期回復を目指す正しい対処法

発症直後は歩くことが難しくなることや、放っておくと歩くことが困難になり、身体のゆがみに繋がることもあるので、早期に施術を開始することが重要です。
では、肉離れが起こったら、どう対処すればよいのでしょうか。

 

【RICE処置】

 

肉離れを発症した場合、応急処置としてRICE処置を行うことが一般的です。

◆R:Rest(安静にする)

肉離れを起こしたときに、無理をして動くと炎症が拡大してしまう場合があります。
そのため、まずは安静にしましょう。

 

◆I:Ice(冷却する)

肉離れを起こした場合、患部を20分程度アイシングします。
感覚がなくなってきたらいったん中止すると言うことを1時間ごとに繰り返します。

 

◆C:Compression(圧迫する)

肉離れを起こした場所を弾性包帯などで固定することで、炎症の拡大を防ぎます。

 

◆E:Elevation(挙上する)

患部を心臓の位置より高くし、血液の流入を妨げ、炎症の拡大を防ぎます。

 

【リハビリ】

 

肉離れを起こした場合、リハビリを行うことで、競技への復帰までにかかる期間を短くすることが期待できます。

 

◆受傷1週間後

肉離れを起こしてから1週間ほど経ち、痛みが緩和してきたら弱めのストレッチから開始します。
痛みが出たらすぐに中止しましょう。
また、運動はまだ再開しない方が良いでしょう。

 

◆受傷3週間後

ストレッチを続け、患部の圧痛(押したときの痛み)が無くなれば、軽いランニングから始めます。
まだダッシュはしないよう気を付けましょう。

 

◆受傷6週後

肉離れを起こしてから6週ほど経ったら、徐々に競技へと復帰できる可能性があります。
ただし、個人差があるので医療機関や接骨院・整骨院、トレーナーと相談しながら行いましょう。

 

亀戸駅前中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

当院の施術では主に「保険施術」「テーピング」を使って、痛めている筋肉を動かないように固定します。

ただし固定してしまうと全体的に筋肉が硬くなってしまい動かしづらくなるので、「骨格矯正」を使って周りの筋肉が動くように緊張を緩めることで、肉離れの早期改善を目指します。

 

 

 

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼といった外傷性が明らかなケガや繰り返しの動作によるケガに対して保険が使用できます。
保険が使用できるか出来ないかは症状をみて判断しますので、お気軽にご相談ください。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

皮膚に貼る血流を促進するための丸いテープ状のもので、鍼がついているものもあります。
このテープを貼っている間は、入浴や活動、スポーツをしても問題がなく持続性があることが特徴です。肩こりや腰痛の改善に効果が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類がありますが、損傷した筋肉や関節をサポートするものです。
サポートすることにより血流やリンパ液の流れを促進することが期待され、ケガの早期回復を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

 

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:亀戸駅前中央整骨院
住所〒136-0071 東京都江東区亀戸6-57-16
最寄:亀戸駅
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中