四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • ある日突然
    腕が上がらなく
    なった

  • 安静にしていても寝ていても
    肩が痛い

  • 痛みで腕を上げられないので
    頭が洗えない

  • 痛み止めや湿布では治らない

四十肩・五十肩は時間をかけて改善しましょう

四十肩・五十肩を発症すると、最初の内は猛烈な痛みに襲われます。

徐々に痛みがなくなってくると、施療やリハビリを疎かにしてしまっていませんか?

 

症状を繰り返したり、痛みや可動制限を残さないためにも、

しっかり改善することが重要です。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩は筋肉の炎症です

「四十肩や五十肩と言う言葉は聞いたことがあるけど、自分がそれに当てはまるのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

四十肩・五十肩には次のような特徴や原因があります。

 

【四十肩・五十肩の特徴】

 

◆特徴

四十肩・五十肩の特徴は、ある日突然肩周囲に激しい痛みを生じ、腕を上げることも困難になります。

また、完治するまでに数年かかることも珍しくありません。

 

◆肩こりとの違い

四十肩・五十肩と肩こりの違いは、可動制限があるかどうかです。
四十肩・五十肩の場合、腕を上げていくと一定の高さで痛みが生じます。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

四十肩・五十肩は正式名称を「肩関節周囲炎」と言いますが、なぜ肩関節周囲炎を発症するのでしょうか。

 

◆肩関節周辺の炎症

肩関節周囲炎はその名のとおり、肩関節の周囲に炎症を起こし、痛みや可動制限を生じる症状です。
野球などで若いころに肩回りの筋肉を使いすぎていると、四十肩・五十肩を発症するリスクが高くなります。

 

◆筋力や柔軟性の低下

肩周囲の筋力が低下したり、柔軟性が低下したりすると、四十肩・五十肩を発症するリスクが高くなります。
特に肩甲骨の可動域が減少すると、肩関節を動かしづらくなるため、さらに危険性が高まってしまいます。

筋力や柔軟性は急に低下するものではないため、四十肩・五十肩の初期症状を見落としがちです。
そのため、「ある日突然発症した」ように思ってしまうことが多いです。

 

◆不良姿勢

不良姿勢によって肩関節や肩甲骨を正常に動かせていない場合、筋肉の緊張が生じやすくなります。
また、正常に動かせないことでわずかな外力によって筋損傷を起こし、四十肩・五十肩のリスクが高くなります。

四十肩・五十肩を発症した場合の対処法

四十肩・五十肩を発症した場合、初めは猛烈な痛みに襲われますが、徐々に痛みが和らいで慢性化していきます。
そのため、症状変化に応じた対処や医療機関、接骨院・整骨院での施術を受けることが重要です。

 

【急性期】

 

四十肩を発症してから2週間ほど、肩関節周囲炎の急性期が続きます。
肩関節周囲炎の急性期には強い夜間痛や安静時痛がみられるため、患部をなるべく動かさないことが重要です。

 

【拘縮期】

 

肩関節周囲炎の発症から2週間が経過すると、半年ほど継続する拘縮期を迎えます。
肩関節周囲炎の拘縮期になると、腕を動かすと肩関節のあたりで引っかかるような感じがします。
また、肩周囲の痛みも残っていますが、この時期に積極的に肩関節を動かすことで、早期回復が期待できます。

 

【回復期】

 

肩関節周囲炎を発症してから半年ほど経過すると、回復期に入ります。
この時期になると可動制限はやや残るものの、痛みが少なくなっています。
拘縮を残さないため、より積極的に肩関節を動かすことが重要です。

 

亀戸駅前中央整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

当院ではまず最初にカウンセリング時に原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

初期の段階(数日)では、アイシングやテーピングで患部に負担がかからないようにして施術を行っていきます。

症状が進んだ場合は主に「鍼灸」「筋膜ストレッチ(リリース)」「骨格矯正」を行い、肩だけでなく全体的なバランスを整えてることを目指します。

万が一、重度な症状の方は医療機関へのご紹介も可能ですのでご安心ください。

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

皮膚に貼る血流を促進するための丸いテープ状のもので、鍼がついているものもあります。
このテープを貼っている間は、入浴や活動、スポーツをしても問題がなく持続性があることが特徴です。肩こりや腰痛の改善に効果が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類がありますが、損傷した筋肉や関節をサポートするものです。
サポートすることにより血流やリンパ液の流れを促進することが期待され、ケガの早期回復を目指します。

 

■骨格矯正

痛みの原因になっている身体のゆがみを整えることや損傷部位の負担を取り除くことを目指し、回復を促します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

 

■カッピング

透明のカップを皮膚につけて吸引し血流循環の促進を促します。
ストレッチ効果や代謝アップの効果が期待できます。

 

■鍼灸

鍼をツボに刺して刺激を与えることにより、血流循環の流れを促進し、代謝が上がることで筋肉が緩み緊張をほぐす効果が期待できます。
もぐさを使用しツボに熱刺激を与え血流改善して筋肉の緊張を和らげ、慢性的な症状を改善を目指します。リラックス効果も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中