膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 椅子から
    立ち上がる時に
    膝が痛む

  • 運動をしていたら膝が痛く
    なった

  • 膝の痛みの原因が分からない

  • できれば手術や薬の服用を
    避けたい

慢性的な膝痛に悩まされていませんか

膝に痛みが出るといった方は歳を重ねるごとに多くなると言われています。

よくある症状ではありますが、長く続くとつらいものです。

 

なぜ膝の痛みが起こるのでしょうか。

 

また、膝の痛みを訴える方に多くみられる変形性膝関節症の症状や、

その予防法についてもご紹介します。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みの原因は普段の生活にあります

膝には身体にかかる負荷を緩和するクッションの働きがありますが、中高年以降になると、痛みのために膝の曲げ伸ばしが困難になることもあります。

 

なぜ膝の痛みが起こるのでしょうか。

 

【生活習慣や運動習慣による膝の痛み】

 

膝の痛みには生活習慣運動習慣が原因となって起こることがあります。

◆オーバーユース

スポーツをしていて繰り返し膝関節に外力がかかると、スポーツ障害を発症するなどして、膝の痛みのリスクが増すと言われています。
膝蓋腱炎(しつがいけんえん)や腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)、鵞足炎(がそくえん)などが膝にみられる代表的なスポーツ障害です。
また、急に運動を始めたり、歩きすぎたりすることで膝の痛みが起きることもあります。

 

◆身体が硬い

膝に限ったことではありませんが、身体が硬いと関節を痛めやすくなってしまいます。
特に股関節が硬いと膝関節への負担が増すため、膝の痛みのリスクが高くなります。

 

◆筋力の低下

筋力が低下すると関節を支える力も弱くなるため、膝の痛みが出やすくなります。
特に足底アーチが減少すると、膝の関節面に体重を分散させることが難しくなり、膝関節に損傷を受けることとなります。

 

【膝の病気から来る痛み】

 

膝に痛みをもたらす病気はたくさんあります。
例えば、関節リウマチ半月版損傷膝関節靭帯損傷が膝の病気にあたります。

また、中高年以降になると変形性膝関節症のリスクが増します。

変形性膝関節症に関しては、次に詳しくご紹介します。

中高年にもっとも多いと言われる変形性膝関節症

中高年以降になると膝の痛みを発症しやすくなりますが、もっとも多い症状は変形性膝関節症です。

では、変形性膝関節症とはどのような病気で、また、どのような特徴があるのでしょうか。
その対処法と併せてご紹介します。

 

【変形性膝関節症について】

 

変形性膝関節症は、中高年以降に多くみられる、膝の痛みをともなう変形性の病気です。

 

◆特徴

変形性膝関節症の特徴は、足がO脚気味になり、狭くなった膝関節の内側に痛みが出ることです。
また、いわゆる「膝に水がたまる」ことも変形性膝関節症の特徴として知られています。

 

◆症状

変形性膝関節症の症状としては、歩行時の痛みや動作開始時の痛みが挙げられます。
特に床や椅子から立ち上がろうと踏ん張ったときに、膝の内側に痛みを発しやすいことが特徴です。

 

◆原因

変形性膝関節症の原因に関しては、はっきりとしたことが分かっていません。
ですが、男性より女性に多くみられることから、女性ホルモンのバランスや筋力の低下、骨粗しょう症などが要因となっているのではないかと考えられています。

 

【変形性膝関節症への対処法や予防法】

 

変形性膝関節症を発症している方の多くに、膝周囲の筋緊張や股関節の硬さがみられます。
そのため、日常的にケアを行うことが重要です。

 

◆ストレッチ

膝には大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と言う大きな筋肉が付着しています。
大腿四頭筋が硬くなると、その牽引力で膝の痛みを発しやすいので、太ももの前面をストレッチで緩めましょう。
ただし、痛みがひどい場合はすぐに中止してください。

 

◆患部を温める

変形性膝関節症に限らず、痛みが出ている場所には血行不良がみられます。
普段からお風呂で身体を温め、外出の際にはサポーターなどで保温しましょう。

 

亀戸駅前中央整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院ではまず最初にカウンセリングをしっかり行い、身体全体をハイボルテージ検査して原因を探ります。

その上で施術プランをご提案し、施術に移ります。

関節の動き方が悪いと負担がかかるので、主に「骨格矯正」「ドレナージュ(DPL)」を使って滑らかに関節が動くように改善を目指します。

その他にも、歩行の動作を確認して「テーピング」など使用して歩行改善を目指します。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

皮膚に貼る血流を促進するための丸いテープ状のもので、鍼がついているものもあります。
このテープを貼っている間は、入浴や活動、スポーツをしても問題がなく持続性があることが特徴です。肩こりや腰痛の改善に効果が期待できます。

 

■テーピング

テーピングにはさまざまな種類がありますが、損傷した筋肉や関節をサポートするものです。
サポートすることにより血流やリンパ液の流れを促進することが期待され、ケガの早期回復を目指します。

 

■骨格矯正

痛みの原因になっている身体のゆがみを整えることや損傷部位の負担を取り除くことを目指し、回復を促します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードを使って筋肉の固くなったところの血流の促進を目指す施術です。
症状の原因となっている筋膜の癒着の改善を目指し、ストレッチ効果や関節の可動域が広がるといった効果が期待できます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

クリームを使用し、足先から股関節までのリンパ液・血液循環の流れを促進することで老廃物の流れを促します。
疲労や手足のむくみ、冷えなどの症状緩和に期待できます。

 

■カッピング

透明のカップを皮膚につけて吸引し血流循環の促進を促します。
ストレッチ効果や代謝アップの効果が期待できます。

 

■鍼灸

鍼をツボに刺して刺激を与えることにより、血流循環の流れを促進し、代謝が上がることで筋肉が緩み緊張をほぐす効果が期待できます。
もぐさを使用しツボに熱刺激を与え血流改善して筋肉の緊張を和らげ、慢性的な症状を改善を目指します。リラックス効果も期待できます。

 

■温熱療法

もぐさでできた線香を冷温器と言う缶に入れ、ツボにアプローチして温熱刺激を与えます。
リラックス効果・筋肉の主管、冷え性の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:石田 崇
出身地:千葉県柏市
誕生日:1987年6月12日
血液型:O型
趣味:スキー、サバイバルゲーム、アウトドア
患者さんへ一言:痛みの早期回復には1日でも早い早期改善が大切です。
痛みを放置していると痛みをかばいゆがみが強くなり回復が遅れてしまいます。
また、治りも悪くなります。
痛くなったり、不安な事が有りましたら、気軽にをご相談下さい。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院 公式SNSアカウント 亀戸駅前中央整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】亀戸駅前中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中